国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

中島 洋(なかじま ひろし)

日本の情報産業の在り方や情報通信技術(ICT)の社会への適用の在り方、政府の情報通信政策の在り方を研究しています。グローコム内では、ICTが決定的な役割を果たすエネルギー産業の再編成や次第に姿を現しつつあるスマート社会についての議論に参加しています。グローコムの外では、具体的に実践的な活動をしています。ICT関連の専門調査会社、MM総研の所長としてクラウドやスマート端末の動向調査、中小ソフトウェア会社の全国組織である全国ソフトウェア協同組合連合会の会長として情報産業の再構築の推進、総務省系の組織であるデータセンター促進協議会副会長としてクラウドの基盤であるデータセンターの国内建設促進のためのガイドライン作りなどの活動をしています。また、マイナンバー制導入とともに重要性を増す個人情報管理の水準向上のために、新たに日本個人情報管理協会を立ち上げて、その理事長としても活動し始めています。地域振興の実践では、ICTを産業振興の柱として育成に力を入れている沖縄県で、各種ICTプロジェクトのリーダーとして活動しています。

主幹研究員/教授(併任)

修士(倫理学)

研究分野

情報倫理論、情報社会論、情報メディア論、情報産業論、産業情報論、産業ジャーナリズム論

学歴

東京大学文学部倫理学科卒
東京大学人文系大学院修士課程修了 修士(倫理学)

経歴

1973年 日本経済新聞社入社、編集局産業部でハイテク分野、総合商社、企業経営問題などを担当
1981年 日経マグロウヒル社(現日経BP社)に出向、『日経コンピュータ』『日経パソコン』の創刊にかかわる
1997年 日本経済新聞社退職、アスキー特別顧問(経営会議メンバー)、アスキー未来研究所・代表取締役所長に就任
1998年 日経BP社編集委員(~2008年 6月)
2003年 MM総研(旧・マルチメディア総合研究所)代表取締役所長(~現在)