国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

山口 真一(やまぐち しんいち)

私の研究は、計量経済学というデータ分析手法によって「影響要因の抽出」「効果の計測」「将来予測と最適戦略の提案」をすることを主眼に置いています。近年、AI・IoT技術の発展や、ソーシャルメディア普及によって、社会が急速に変化しています。それに伴い、新たなビジネスやサービスが次々と立ち上がり、成功を収めていく中で、さまざまな課題も生まれています。このように「新時代」が到来し、社会の複雑化が進むと、これまでの経験則だけでは、適切なビジネス戦略や政策を構築するのが難しくなります。私は、このような変化について、定量的分析によって暗黙知を形式知化し、企業や社会が進むべき方向を示していきたいと思っています。

主任研究員/准教授(情報社会研究グループ)

修士(経済学) 博士(経済学)

研究分野

データ分析、情報社会のビジネス、ソーシャルメディア、ネット炎上、フェイクニュース、情報経済・政策

略歴

1986年生まれ。2015年慶應義塾大学にて博士(経済学)取得。専門は計量経済学。研究分野は、情報経済論、ネットメディア論、データ利活用戦略等。
「あさイチ」「ニュースウォッチ9」「クローズアップ現代+」(NHK)や「日本経済新聞」をはじめとして、メディアにも多数出演・掲載。組織学会高宮賞受賞(2017年)、情報通信学会論文賞受賞(2017年・2018年)、電気通信普及財団賞受賞(2018年)。主な著作に『なぜ、それは儲かるのか』(草思社)、『炎上とクチコミの経済学』(朝日新聞出版)、『ネット炎上の研究』(勁草書房)、などがある。
他に、東京大学客員連携研究員、日本リスクコミュニケーション理事、海洋研究開発機構(JAMSTEC)アドバイザー、グリー株式会社アドバイザリーボード、東洋英和女学院大学非常勤講師などを務める。

主要業績

・『なぜ、それは儲かるのか:〈フリー+ソーシャル+価格差別〉×〈データ〉が最強な理由』(草思社、2020年)
・『炎上とクチコミの経済学』(朝日新聞出版、2018年)
・『ネット炎上の研究』(共著:第1章・第2章・第4章・第8章担当、勁草書房、2016年)
・「How Do People Value Data Utilization?: An Empirical Analysis Using CVM in Japan」(Technology in Society、Elsevier、2020年)
・「The Boosting Effect of E-WOM on Macro-level Consumption: A Cross-Industry Empirical Analysis in Japan」(The Review of Socionetwork Strategies、Springer、2018年)
・「The Substitution Effect of Mobile Games on Console Games: An Empirical analysis of Japanese Video Game Industry」(The Review of Socionetwork Strategies、Springer、2017年)

主要講演・出演・口頭発表

・「やさしい経済学」(連載)、日本経済新聞、2020年8月4日~18日
・「データの世紀 ゆがむネット民意(4)裁けない情報汚染」、日本経済新聞、2020年8月7日
・「「NEWSパネル 」、大下容子ワイド!スクランブル NEWSパネル」、2020年6月10日
・「クローズアップ現代+ ネットのひぼう中傷 なくすために ~女子プロレスラーの死~」、NHK、2020年6月4日
・「NHKニュース フェイクニュース 中高年の方が信じやすい」、NHK、2020年3月28日

学歴

2012年 慶應義塾大学大学院経済学研究科 修士号(経済学)取得
2015年 慶應義塾大学大学院経済学研究科 博士号(経済学)取得

経歴

2015年4月-2016年6月  国際大学GLOCOM 助教・専任研究員
2016年6月-       国際大学GLOCOM 講師・専任研究員
2018年7月-       国際大学GLOCOM 講師・主任研究員
2020年4月-       国際大学GLOCOM 准教授・主任研究員

リンク