国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

大川内 直子(おおかわち なおこ)

私は、理科系の学部で学ぶなかで科学知識の生成・普及過程に関心を持ち、ラボラトリー・スタディーズと関係の深い文化人類学に研究分野を転じました。
修士課程ではSTS(科学技術社会論)を中心に先行研究にあたったほか、東京大学発の創薬ベンチャー企業であるペプチドリーム社や産学連携組織である東京大学TLOなどの協力を得て調査を実施。本調査を通じて、アカデミアにおいて科学的知識が生み出された後、商業的な価値を付与されながらステークホルダーを巻き込み、商品になっていく過程を明らかにしました。

また、STS研究と並行して学んでいた文化人類学のトラディショナルな先行研究を通じて、文化人類学における典型的な研究手法である参与観察およびエスノグラフィー自体に関心を持ち、そのビジネスへの応用について考え始めました。企業の製品・サービス開発においてはユーザー心理の徹底的な理解やアフォーダンスの知見が重要であり、文化人類学者がユーザーの参与観察を実施することで有益な知見が得られると考え、現在運営している株式会社アイデアファンド設立の着想を得ました。

文化人類学においては人間の普遍性を論じることが難しくなりました。一方で、資本主義は日常のいたるところにその根を広げており、日々の生活に関わるもので売られていないものなどないように思われます。我々を取り巻く資本主義のモメントはとても強力で、資本主義とは相いれないような文化でさえも飲み込み均一化する音が聞こえてくるような気さえします。
その資本主義の最たるものとして金融があります。金融の世界では様々なモノの将来の価値までもが瞬時に数値化され、売買を通じて再定義されています。私は、こうした価値のデジタル化が人類文化の多様性とどのように相互作用するのかについて考えてみたいと思っています。

実際に金融に携わる中で、デジタル化されえない質的な知というものの相対的な価値は今後も残り続けるのではないかという思いを強めました。
こうした思いをベースに2018年に設営した株式会社アイデアファンドは、「アイデアで資本主義をおもしろく」を旗印に掲げています。資本主義の中でなお残る・あるいは変わりゆく人間の特性や文化の様相を、文化人類学の方法論を用いて地道に明らかにすることを通じて、多様な資本主義のあり方を追求しています。

主任研究員

修士(学術)

研究分野

文化人類学、科学技術社会論(STS: science, technology and society)

略歴

1989年、佐賀県生まれ。
大学院在学中に海外からリサーチを請け負っていた経験や、創薬ベンチャーであるペプチドリーム社について実施した調査を通じて、文化人類学の調査手法をマーケットリサーチに生かしたベンチャー企業を興したいと思うに至った。一方で、文化人類学では人類文化の多様性に着目することが多く、資本主義を原動力とした普遍に向かうモメントを扱うことに難しさを感じた。そこで、金融を資本主義の表出と位置づけ、自ら金融業界に身を置くことで実践的な理解を試みた。国内大手通信企業グループに対するファイナンス組成などに携わるなかで、先端的な金融の知識を身に着けるとともに、資本主義と多様性が共存し相互作用しながら発展していく世界観を実現したいという思いを強くした。そこで2018年に、人類の多様性と資本主義の相互作用について研究することを目的の一つとして、リサーチ企業である株式会社アイデアファンドを設立。

主要業績

(研究発表)
「文化人類学における組織研究、及び、研究対象としての産学連携」、2014年3月、人類学若手の会第二回総合研究集会

(修士論文)
「産学技術移転の人類学的考察」、2014年12月提出

学歴

2008年4月 東京大学 理科Ⅱ類入学
2012年3月 東京大学 教養学部卒業
2012年4月 東京大学大学院 総合文化研究科 超域文化科学専攻進学
2015年3月 東京大学大学院 総合文化研究科 超域文化科学専攻修了
日本学術振興会特別研究員(DC1)内定辞退

経歴

2015年 みずほ銀行(グローバル・コーポレート・ファイナンスコース)入行
    本店・営業第十七部に配属し国内大手通信企業グループを担当
2018年 株式会社アイデアファンド設立
    代表取締役社長に就任
2019年 国際大学GLOCOM 主任研究員

その他

●株式会社アイデアファンド(https://ideafund.co.jp/