国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

菊地 映輝(きくち えいき)

私の研究領域は「文化」です。社会の情報化が進み、政治や経済のあり方が変わりつつありますが、私たちの身の回りを取り巻く文化についても大きな変化が生じているのではないかという問題意識が、私の研究の出発点です。

現在は、情報社会における文化事象について都市とインターネットを横断する形で取り組んでいます。たとえば、日本のアニメやマンガなどのサブカルチャーは世界中で親しまれていますが、それらが都市とインターネットという2つの空間の中でどのように育まれていくのか、YouTubeやInstagramなどのインターネット上のコンテンツが消費や観光などの現実空間上の人々の行動にどのような影響を与えるのかを研究しています。

研究員/講師(情報社会研究グループ)

博士(政策・メディア)

研究分野

文化社会学、情報社会論、コンテンツツーリズム、サブカルチャー、文化を生かした街づくり

略歴

1987年、北海道生まれ。博士(政策・メディア)。2017年、慶應義塾大学大学院後期博士課程単位取得退学。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院研究員などを経て、2019年より現職。専門は文化社会学、情報社会論。株式会社Lab.808代表取締役、コンテンツツーリズム学会理事、東京文化資源会議広域秋葉原作戦会議PMなども務める。現在は、情報社会における文化事象について都市とネットを横断する形で研究を行っている。

主要業績

・「コスプレツーリズム――景観の持つ普遍性への注目」『コンテンツツーリズム研究〔増補改訂版〕――アニメ・マンガ・ゲームと観光・文化・社会』,186-187.(岡本健編著、福村出版、2019年)
・「コンテンツツーリズムとしての『街コス』―『ラブコスみやしろ2016』を事例として―」『コンテンツツーリズム学会論文集』4: 24-34.(共著、2017年)
・「オタク化するお台場――文化装置の集積に注目して」『現代風俗学研究』(16): 96-107.(2015年)

主要講演・出演・口頭発表

・「サブカルチャー都市東京――新文化政策に向けて」、国際公共経済学会次世代研究部会第6回サマースクール、2018年9月1日
・「ライブエンターテイメントの街としての秋葉原」、東京文化資源会議第7回公開シンポジウム「グレーターアキバ: 情報・知識の交差路」、2018年9月6日

学歴

2011年 慶應義塾大学環境情報学部卒業
2013年 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了
2017年 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程単位取得退学

経歴

2013年-2015年  慶應義塾大学 グローバルセキュリティ研究所 研究助教
2013年-2016年  国際大学GLOCOM RA
2015年-2017年  慶應義塾大学 グローバルセキュリティ研究所 研究員
2017年-2019年  慶應義塾大学 SFC研究所 上席所員
2017年-2019年  国際大学GLOCOM 客員研究員
2018年-2019年  東京工業大学 リベラルアーツ研究教育院 研究員
2018年      株式会社Lab.808 代表取締役
2019年      国際大学GLOCOM 研究員

この他に中京大学経済研究所特任研究員、文教大学情報学部非常勤講師、産業能率大学経営学部兼任講師、慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート所員(客員所員)などを歴任。

リンク