Researcher

専任・併任研究員

小林奈穂

小林奈穂 こばやし なほ

主幹研究員/研究プロデューサー(プラットフォーム研究グループ)

■研究分野
組織の創造性、オープンイノベーション、共生社会、コミュニケーション

2000年より、デジタルマーケティング領域を基軸としながら、デジタル/リアルの広告・販促メディアおよび店舗開発等を通じたコミュニケーション/サービス/ブランドのプロデュースを手掛けてきました。

データアナリストとの密な連携によって、ビッグデータ(顧客属性・行動・購買・嗜好等)の解釈と、インタビュー、ワークショップ等など関係者の声=定性データを紡ぎあわせるプロセスで、シナリオ開発、ビジネスルール設計、クリエイティブ表現へと適用・実装することを強みとしています。

こうした「世界観をつくり、人に伝え、共感する術」として培った経験値を、企業のマーケティングのみならず、社会デザインにまで適用できないか?と考えのもと、心機一転を決意。2015年4月よりGLOCOMに参画させていただいております。

現在は、「データと技術がもたらす体験は、人を幸せにするか」というシンプルな問いを基点に、IoTやAIなど新しいテクノロジーと社会経済の相互作用について考えています。アナリストと連携したデータ分析や、有識者、実践者へのインタビュー調査など、ステークホルダーを巻き込んだプラットフォーム型の研究活動を展開しながら、その成果をワークショップなどを通じて産官学の皆様と共有・対話し深めています。
皆さまの多様な知識と経験値をつなぎあわせたオープンイノベーションの機会創出や、事業化支援の企画、 プロデュースを手がけてまいります。

略歴

デジタル&リアルメディアを横断するデータドリブンなコーポレートブランディングやコミュニケーション戦略企画・開発のプロデュースに従事したのち、2015年より現職。スタートアップやクリエイティブエージェンシー、大企業に至る幅広い組織における多様な専門性を持つ人々と重ねた協働プロジェクトの経験を活かし、個人と組織の創造性に関する研究や、GLOCOM研究員の産学連携プロジェクトのマネジメント、GLOCOM 六本木会議の事務局長など、産官学民とともに社会の共通課題を導き、研究する各種活動の企画・プロデュースを行っている。

主要業績

  • 「イノベーション・プラットフォームとしての大学 ITOKI × GLOCOM 共同研究プロジェクト成果報告」、『智場 #124特集号 2030年代のデジタル学習論 教育DXの構想と実践』(国際大学GLOCOM、2021年)
  • 『智場#122 創造性 – デジタル時代を生き抜くための個人と組織のクリエイティビティ』責任編集(国際大学GLOCOM、2019年)
  • 「CHANGE_CREATIVITY 特集:組織の創造性変革を考える」(株式会社イトーキ×国際大学GLOCOM,2019年)

主要講演・出演・口頭発表

  • 「アフター・コロナ時代の分散型ワーク・マネジメント~個人と組織の創造性向上にむけて」、週刊BCN主催 緊急オンラインイベント「コロナ・ショック後のパラダイムシフトをどう生き延びるか」、2020年7月17日
  • 「組織の創造性~デジタル時代の経営指標と分散型ワークマネジメント」、週刊BCN主催 全国キャラバン 2020 in オンライン「有力商材が切り拓く、新たなビジネスの世界」、2020年3月6日
  • 「デジタル時代のマーケティングとイノベーション」経済産業省 平成31年度産業技術調査事業(国内外の産業技術をめぐる動向の調査)イノベーション政策研究会、2019年12月18日
  • 「働き方改革の本質~個人と組織の創造性向上」(株式会社イトーキ 先端技術研究所との共同研究発表)、東北大学 電気通信研究所 共同プロジェクト研究会「未来オフィス空間とインタラクション」、2019年2月26日

主要委員歴

  • 2021年4月 – 新潟県産学官連携アドバイザー(令和4年度産学官連携モデル事業による委託業務)
  • 2020年7月 – 経済産業省 産業構造審議会臨時委員(産業技術環境分科会)
  • 2017年9月 – GLOCOM六本木会議 事務局長

学歴

2000年 明治学院大学 国際学部 国際学科 卒業

経歴

2000年 ネットイヤーグループ株式会社 コンテンツストラテジスト
2002年 デジタルパレット株式会社(現:株式会社電通デジタル) ウェブプロデューサー
2006年 MRM WORLDWIDE アカウントプランナー
2007年 風とバラッド株式会社(現:カゼプロ株式会社)アカウントプランナー
2010年 富士ゼロックス株式会社(現:富士フィルムビジネスイノベーション株式会社) クリエイティブ・プロデューサー
2015年 国際大学GLOCOM 主任研究員
2022年 国際大学GLOCOM 主幹研究員

関連リンク

  • totop