Researcher

専任・併任研究員

田中辰雄

田中辰雄 たなか たつお

主幹研究員(併任)
経済学士

■研究分野
著作権、個人情報、コンテンツ産業、プラットフォーム産業、ネットと民主主義

研究分野は一見ばらばらですが、デジタル化が経済・社会に及ぼす影響について計量的に調査しています。どういう人かわかりやすいように自説を要約しておきましょう。「著作権→緩めるべし、ぼくのさいきょうのちょさくけんせいどを見よ」「個人情報→保護も利活用も同時にできる方法があるんだけど、聞かない?」「コンテンツ産業→タダで配るともうかりまっせ」「プラットフォーム産業→もう大きいんだからみんなのことも考えよう」「ネットと民主主義→ネットが社会を分断するって? なーに、大丈夫、ネットは社会を良くするよ!いい案もあるぞ」。話を聞きたいという方はお気軽にお声掛けください。お呼びとあれば即参上! Have paper – will travel

略歴

1988年 政策構想フォーラム ,研究員
1991年~1995年 国際大学GLOCOM 研究員、国際大学助手
1995年~1998年 コロンビア大学 客員研究員
1998年~1999年 慶応義塾大学大学専任講師(経済学部)
1999年~2018年 慶応義塾大学准教授(経済学部)
2018年~ 慶応義塾大学教授(経済学部) (~現在)

主要業績

  • 田中辰雄、2017、「ぼくのかんがえたさいきょうのちょさくけんせいど-新しい方式主義の構想-」中山信弘・金子敏哉偏『しなやかな著作権制度に向けて』信山社、第1章、pp.21-79
  • 田中辰雄、2020、「漫画の定額配信サービスの可能性―漫画海賊版への対抗策」情報通信政策研究、第3巻第2号 pp.25-48
  • 田中辰雄・山口真一、2015、『ソーシャルゲームのビジネスモデル』勁草書房
  • 田中辰雄・山口真一、2016、『ネット炎上の研究』勁草書房
  • 田中辰雄・浜屋敏、2019、『ネットは社会を分断しない』 KADOKAWA

主要講演・出演・口頭発表

    2020年度春季(第42回)情報通信学会大会 報告
    「個人情報保護利活用集中管理機構の構想-個人情報の保護と利活用を両立させるために-」
    http://www.jsicr.jp/doc/taikai2020/spring/D1.pdf

学歴

東京大学 経済学研究科 単位取得退学
東京大学 教養学部 教養学科 卒

  • totop