2022.09.26

  • 終了

『令和4年版情報通信白書』読書会【公開コロキウム】

昭和48年に通信白書(当時)が初めて刊行されてから、令和4年版情報通信白書で50回目の刊行となります。そこで、今回の白書では、「情報通信白書刊行から50年~ICTとデジタル経済の変遷」を第一部の「特集テーマ」として取り上げ、過去50年間のICT分野の制度・政策、サービス、技術等の変遷を振り返るとともに、様々な社会・経済的を抱える我が国において今後ICTが果たす役割を展望しています。

また、令和4年版情報通信白書では、構成を大幅に刷新し、構成の主軸を第二部「ICTを取り巻く国内外の市場等の動向」と「総務省におけるICT政策の取組状況」に移しています。「ICTを取り巻く国内外の市場等の動向」では、基本的データのほか、①国内外における機器・端末関連の動向、➁国内外におけるICT利活用の状況の比較、などのデータを紹介しています。「総務省におけるICT政策の取組状況」では、省内横断的な取組(「総務省デジタル田園都市国家構想推進本部」等)や各政策領域(電気通信、放送政策等)において総務省が実施する政策・今後の方向性を整理しています。

本公開コロキウムでは、『令和4年版情報通信白書』の編集を担当した小熊美紀氏(総務省 情報流通行政局 情報通信経済室長)にポイントを解説いただき、参加者と議論を深めます。

開催概要

日 時 :2022年9月26日(月)16:00~17:30
開催形式:オンライン会議ツールZoomにて開催
講 師 :小熊美紀(総務省 情報流通行政局 情報通信政策課 情報通信経済室長)
コメンテータ:庄司昌彦(武蔵大学社会学部教授/GLOCOM主幹研究員/『情報通信白書』アドバイザリーボード)

令和4年版情報通信白書について

情報通信白書は、総務省の下記URLで全文が公開されています。
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r04/pdf/index.html

登壇者プロフィール

小熊美紀
総務省 情報流通行政局 情報通信政策課 情報通信経済室長
2004年総務省入省。総務省においては、情報流通行政局地方情報課推進室(当時)ではICTによる地域活性化施策など担当するほか、総合通信基盤局消費者行政第一課・課長補佐として電気通信事業分野における消費者保護関連施策、青少年のメディアリテラシー向上などを担当。また、2018年から3年間、経済協力開発機構(OECD)で政策アナリストとして各国のICTインフラ戦略の分析・国際比較等。2021年7月より現職。

庄司昌彦
国際大学GLOCOM主幹研究員/武蔵大学社会学部教授/『情報通信白書』アドバイザリーボード
1976年生まれ。中央大学大学院総合政策研究科博士前期課程修了、修士(総合政策)。おもな研究領域は情報社会学、情報通信政策。2002年~国際大学GLOCOM研究員、2019年~武蔵大学社会学部教授。デジタル庁オープンデータ伝道師、総務省自治体システム等標準化検討会座長、総務省地域情報化アドバイザー、(一社)オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン代表理事、(一社)インターネットユーザー協会理事なども務めている。

参加お申込み(Peatix)

STEP1:下記URLに掲載されている申込フォーム(Peatix)より参加登録してください。
https://peatix.com/event/3345173/view
※お申込み時に頂いた情報はイベントの円滑な運営のために登壇者など実施に関わる方々と共有することがございます。同意の上お申込みください。

STEP2:開催日前日までに、Zoomウェビナーへのアクセス方法(ご登録者ごとの専用URL)が記載されたリマインダーメールを、申込時にご登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。

STEP3:開催日当日、お時間になりましたらメールに記載の専用URLをクリックし、ウェビナーにお入りください。
※本ライブイベントは、Zoomウェビナー機能を使用して開催いたします。
※「参加URLのメールが届いていない」といった問い合わせが非常に多くなっております。リマインダーメールはzoomから自動送信されるものです。迷惑メールボックス等に振り分けられている可能性がございます。

お問い合わせ

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
担当: 小島
Mail: info_pf[at]glocom.ac.jp Tel: 03-5411-6677

  • totop