Researcher

専任・併任研究員

青木志保子

青木志保子 あおき しほこ

主任研究員(併任)
修士(環境学)

■研究分野
環境学、サステイナビリティ、SDGs、未来社会、サステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)

人類は技術とエネルギーを手に入れ、高みを目指して課題を乗り越え、常に新たな世界を開いてきました。そして現在、気候変動や資源問題、そして新型コロナウイルスなど、地球規模の課題に私たちは対峙しています。

これらの課題に対し、2つのアプロ―チで取り組んでいます。
一つは、「未来創造」です。望ましい未来社会について、多様な人々とともに考え、対話し、行動し、創造していく、そうしたプロセスとネットワークを実践的に行っています。
もう一つは、「個の調和」です。自らはどうしたいのか、を個々人が考え、選択し、自分なりの答えを発見する。そして個々人の生き方からサステイナブルになっていく。そのための新しい哲学の追求を行っています。
いずれも、これまで地方自治体、NPO、NGOと様々な場面で活動してきたことを軸に、「自分ごと」を引き出すことを強みとしています。

幼少期から環境や自然に興味をもち「ナウシカ」の世界観をひとつの基点とし活動してきました。これからも、‘think globally act locally’を座右の銘として、研究と活動をしていきます。

略歴

1983年生まれ、東京都出身。専門は環境学。東京大学新領域創成科学研究科環境システム学修士課程(環境学修士)修了後、地方自治体職員、NGO職員、NPO職員を経て2015年よりGLOCOMに参画。気候変動、災害、高齢化などの社会的課題や、未来にある科学技術の萌芽に対して、多様なセクター間を横断する実践型研究を行う。

主要講演・口頭発表

  • 「ダイバーシティとこれからの働き方・生き方」、中小企業庁・中国経済産業局・公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所 主催、情報モラル啓発セミナーin山口、2021年2月3日
  • 「災害現場で有効に機能するICT活用の在り方とは-「避難所・地域支援拠点アセスメント」の開発と実践-」、日本災害情報学会主催、日本災害情報学会 第22回学会大会、2020年11月29日
  • 「誰ひとり取り残されない SDGs x コミュニケーションワークショップ」、ACT SDGs主催オンラインイベント、2020年6月21日
  • 「現場基点とデータ活用で災害対応を変える」、 内閣府・防災推進協議会・防災推進国民会議主催、ぼうさいこくたい2019(防災推進国民大会)、2019年10月20日
  • 「対話と社会的翻訳」、文部科学省科学技術・学術政策研究所(NISTEP)主催 STI Horizon誌スキルアップセミナー、2019年7月18日

主要委員歴

2018~理化学研究所未来戦略室客員研究員
2020~越境リーダーシッププロジェクトパートナー

学歴

横浜国立大学教育人間科学部地球環境過程 学士(環境学)
東京大学新領域創成科学研究科環境システム学 修士(環境学)

経歴

2008年 福生市役所入庁(環境課)
2012年 一般社団法人環境ビジネスウィメン 官民連携コーディネーター(環境省プロジェクト他)
2013年 NPO法人BeGood Café 官民連携コーディネーター(経済産業省プロジェクト他)
2015年 国際大学GLOCOM 主任研究員
2018年 理化学研究所 未来戦略室 客員研究員
2021年 Wholeness Lab代表(そのほか理化学研究所未来戦略室嘱託職員(非常勤)、非営利活動法人ミラツク研究員(非常勤))

関連リンク

Lit.Link

  • totop