2020-12-19

  • 終了

オンライン開催「メディア芸術データベースアイディアソン」

文化庁では12月19日(土)にメディア芸術データベースアイディアソンを開催します。国際大学グローバル・コミュニケーション・センターは、このたび本アイディアソンの運営を実施することとなりました。

文化庁では、令和元年11月からメディア芸術の振興と保存・活用の基盤を企図して「メディア芸術データベース(ベータ版)」を公開しています。令和3年1月には、オープンデータとして使用できるデータセットのリリースなど、より多くの方に利活用していただけるように機能拡充が予定されています。今回のイベントは、それに先駆け、メディア芸術データベースをどう活用できるかを「アイディアソン」というワークショップを通じて考えるものです。

アイディアソンは、「アイディア」と「マラソン」の2つの語を掛け合わせた言葉で、特定のテーマについて、様々な分野の人間が集まってディスカッションをし、新たなアイディアの創出を目的としたものです。今回は「メディア芸術データベースを活用するサービスやアプリ」のアイディアを参加者全員で考えます。メディア芸術自体に興味がある方はもちろん、メディア芸術を活用した新ビジネス創出を考えている方、メディア芸術を活用した教育問題、地域活性、環境保全などの社会課題解決にチャレンジしたい方も含め、幅広い皆さまの御参加をお待ちしております。

日時:12月19日(土)13:00-17:30
会場:オンライン(Zoomミーティングにて開催)
主催:文化庁
運営:国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
   メディア芸術コンソーシアムJV事務局
定員:70名
参加費 :無料(アイディアソンに御参加いただくための電気代・通信費は御自身で御負担下さい)
参加条件:

  • 12月19日(土)の13:00-17:30にパソコンからインターネットに接続し、Zoomミーティングを利用してイベントに御参加いただける方。
  • アイディアソン参加中は、Webカメラとマイク機能を使って議論に御参加いただける方。
  • アイディアソンでは、GoogleスライドやMURALといったオンラインコラボレーションツールを利用する予定です。こちらは当日アイディアソンの中で操作方法を御説明します。
  • 本アイディアソンで使用するソフトウェアは、次のバージョンのブラウザでの使用が推奨されています。 Chrome: 51以上、Edge: 43以上、Safari: 9以上、Firefox: 46以上。

参加お申込み用URL(Peatix)

https://mediaartsdb-ideathon.peatix.com

プログラム(当日一部変更になる可能性があります)

12:30~13:00 受付
13:00 チェックイン・チームビルディング
13:20 オリエンテーション
13:30 インスピレーショントーク① 山内康裕氏(一般社団法人マンガナイト/レインボーバード合同会社代表)
14:00 アイディアメイキングその1
    ・メディア芸術で世界を面白くするためのアイディアを考えよう
14:15 インスピレーショントーク② 大向一輝氏(東京大学大学院人文社会系研究科准教授)
15:00 アイディアメイキングその2
    ・アイディア実現のために必要なデータを考えよう
    ・チームでイチオシのアイディアを決めよう
    ・アイディアを企画書にしよう
16:20 プレゼンバトル
16:55 投票&審査
17:05 審査員による講評
     審査員① 山内康裕氏(一般社団法人マンガナイト/レインボーバード合同会社代表)
     審査員② 大向一輝氏(東京大学大学院人文社会系研究科准教授)
     審査員③ 渡辺智暁(国際大学GLOCOM主幹研究員/教授)
17:30 終了
(ファシリテーション:国際大学GLOCOM 研究員/講師 菊地映輝)

スピーカープロフィール

山内康裕
一般社団法人マンガナイト/レインボーバード合同会社代表。1979年生。法政大学イノベーションマネジメント研究科修了(MBA in accounting)。「一般社団法人マンガナイト」ではマンガと学びの普及を目的に「これも学習マンガだ!」事業を日本財団助成の下で推進している。マンガ関連の企画会社「レインボーバード合同会社」では、“マンガ”を軸に施設・展示・販促・商品等のコンテンツプロデュース・キュレーション・プランニング業務等を提供している。

大向一輝
東京大学大学院人文社会系研究科准教授。博士(情報学)。専門はウェブ情報学、人文情報学で、学術情報サービスCiNiiの開発リーダーを約10年間務めた。メディア芸術データベースではサービス全体の「プロデューサー」としてシステムの基本設計やユーザーインターフェイスを主に担当している。



お問い合わせ

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
Mail: info_pf[at]glocom.ac.jp Tel: 03-5411-6675(担当:小島・菊地)

  • totop